2007年04月13日

第三分野保険

第三分野保険(だいさんぶんやほけん)とは、俗に保険の第三分野または第三分野の保険と言われ、生命保険(第一分野)損害保険(第二分野)の中間に位置する分野の保険である!



すなわち、生命保険と損害保険のどちらにも属したり、あるいはそのどちらにも属さないような保険の区分に曖昧さを持つものが第三分野保険に値する!



第三分野保険の特徴として、生命保険ならば生命保険会社、損害保険ならば損害保険会社といったような販売会社の限定が無く、そのどちらもが第三分野保険の商品販売が可能なことが挙げられる。




第三分野保険の解禁


以前は、こうした第三分野の保険を大手の生命保険会社および損害保険会社が取り扱う事は規制されており、医療保険やがん保険は生命保険会社、傷害保険は損害保険会社といったように、同じ第三分野に区分される保険商品でも種類に応じて販売できる保険会社が限られていた!



そんな中、各保険会社はそれぞれの子会社を作る形で相互乗り入れを行い、生保系損害保険会社(以下、生保系損保)や損保系生命保険会社(以下、損保系生保)を発足させたが、第三分野保険の販売は認められておらず、生保系損保は傷害保険を扱えず、損保系生保は医療保険やがん保険を扱えないといった規制を受けていた!



こうした規制は日米保険協議に基づく激変緩和措置によるものであったが、2001年1月からこの規制を解禁。2001年7月からは全ての保険会社が第三分野の保険商品を扱えるようになった!



特に損害保険業界では、主力の自動車保険などが飽和状態にある中で、第三分野保険は成長率の高い分野であることから注目されている!




主な第三分野の保険商品


■医療保険


■疾病保険(がん保険、特定疾病保険など)


■介護保険



『【保険】命の保険!保険王Jrが保険を学ぶ!』TOP画面へ
posted by 保険王Jr at 10:00| 第三分野保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。